読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30歳独身 底辺男のリアル

30歳 独身一人暮らし 月収手取り10万円代の底辺暮らしの日常からのいつか脱出を夢見ての暮らしの記録です。

神様なんていませんが

神様がいないことはわかりましたが、それでもボクは生きていかなくなりました

将来を考えていた相手との死ぬほどつらい失恋でしたが、生きてさえいれば、可能性はないに等しいですが、生きてさえいればまた笑い会える日々がくるかもしれない、友達として、別の形で支え会える人になれるかもしれない、生きてさえいれば、過去の事を忘れ去られるくらいの人に巡り会えるかもしれない

生きてさえいれば。

辛いことを乗り越えた先にいいことがあるかもしれない

むしろ失恋で死にたいと思うことが、生きていたかったのに生きられなかった人に対して本当に申し訳ない、頭が上がらない思いでいっぱいになりました

たまたま、まだこの世界に残っている僕は生きられなかった人達の思いをくみとることしかできません。

いつか、あのとき死ななくて本当によかった、今も生きていられて本当によかった、そう思える日がくることを信じて、今日も生きていきます。