読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30歳独身 底辺男のリアル

30歳 独身一人暮らし 月収手取り10万円代の底辺暮らしの日常からのいつか脱出を夢見ての暮らしの記録です。

日曜日は

日曜日の休日は映画の新作DEATH NOTE デスノートを見てきました!!

 

1作目のデスノートを漫画も一度も読んだことなく初見で見たのですが、あまりの面白さに驚愕した記憶が今でもあります(^^♪

 

名前を書かれたものは死んでしまうという物語のはじまりから、まさかの天才と天才の予想をはるかに超える推理と緊張感の展開は本当に素晴らしい映画だと思いました♪

 

そしてそれだけ衝撃を受けた映画なので、10年たっての続編ということでわくわくしながら見に行ってきました(^^♪

 

まず自分は映画館の雰囲気が大好きなんですよね♪一人でいっても薄暗いから気にならないし、ポップコーンとジュースを飲みながら贅沢に最新の映画を大スクリーンで見られるなんて本当に現実を忘れられる時間なので、映画館に行っている時間は嫌な事忘れられて本当に楽しい気分になります(#^^#)

 

映画は現実逃避できて自分が違う世界に行けて自分とは違う人生を見れて、映画は約2時間の間に物語の始まりから終わりまで作られていて本当に大好きなんですよねーー♪

 

 

そしてデスノートを見てきたわけなんですが、、、

 

んっ!?

なんでそこでこの人はこんな行動をしたのだろうか??

なんでこの人は死ななくちゃで、なんで相手の意見に納得したんだろう??

 

展開が今回は前編、後編に別れていたわけでもなく、2時間にまるまるつめこまれていたので、自分としては不完全燃焼でした、、、(´・ω・`)

 

前作は補足説明がしっかりしていて、なぜ主人公は、Lはこの時こういう推理をして、行動してというのがしっかりわかったので、今回の物語のわかりずらさにはちょっと残念でしたね。

 

前作のできを期待していこうとするとがっかりすると思われます笑

 

前作のLを演じた松山ケンイチさんが完璧だったために、今回のLの後継者のキャラクターはただ偉そうなだけで好きになれませんでした(*_*;

 

特にまた見たいとも思わない映画なので、一度見れば十分ですね。

 

 

以上、珍しく映画レビューのコーナーでした笑

 

 

DEATH NOTE デスノート

DEATH NOTE デスノート

 

 

 

 

 

 

 

L change the WorLd

L change the WorLd