30歳独身 底辺男のリアル

30歳 独身一人暮らし 月収手取り10万円代の底辺暮らしの日常からのいつか脱出を夢見ての暮らしの記録です。

ミュージアム

先日レンタルが新しくはじまったとの事で、ミュージアムという映画を見ました。

犯人役がまさかの妻夫木さんという意外性な配役ながらもとてもリアルに演じられていました

話の展開として、常にハラハラドキドキさせられて、視聴者を飽きさせる事なく月々に展開していきます。

なかなかグロテスクなシーンが多く、そういうのが苦手な方には見るのも辛いシーンがありますが、犯人を追いかけるサスペンス映画としてはとても素晴らしい作品だったと思います

自分的にはサスペンス映画はこれだけ犯人が残酷な方が見ていて面白いと感じます。